FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

欲しくなっちゃった…

明日は注腸なので、今日は前処置日。
指示書には「三分粥」だの、野菜、海藻、乳製品厳禁だのと書いてある。
わたくしはもう面倒なので、なんとかinゼリーの繊維分入りじゃない方を買ってきて飲んでいます。

別の病院で注腸をやった時、前日は「注腸食」というのを渡された。
朝、昼、晩の食事がレトルトパックで入っていて、2000円くらいしたような気が…。
中身は、お粥、スープ、クラッカー、形がほとんどなくなるまで煮込んだ筑前煮など。
「こんなの、スーパーで買えば全部で500円くらいじゃないの?」と思った。

前の病院も、今回の病院も、注腸前の下剤はしっかりかけさせられる。
開腹オペ前日とほぼ同等の激しさ。
さっき、マグコロール(レモンスカッシュみたいな味の飲む下剤)を飲んだので、これからピーコちゃん攻撃が始まるんだろう。
ふ~。

寝る前に、アローゼン1包。
明日は、検査前に浣腸なんですと。
前の病院では、当日は坐薬の下剤だけで浣腸はなかったんですが、これは「施設による違い」なんでしょう。

へたな腸内洗浄よりはいいかもね。
健康保険が効くし。

マグコロールは、オペや、以前の注腸の時にも飲んだけれど、今回は味が良かったような気がする。
味の改良がされたのかしらん。
飲み慣れただけなのかなぁ。

今日、ウォーキングに行ったら、いつも通り「どうぞ1号」がいた。

実は「どうぞ1号」には相棒がいる。
体の柄や特徴が良く似ているので、兄弟なんだと思っていた。
相棒は人嫌いらしくて、絶対に近寄って来ない。
わたくしと「どうぞ1号」が歩きながら遊んでいると、見え隠れしながらそぉっと後を付いてくるだけ。
「どうぞ1号」と絶対に離れたくないようなのだ。

今日、「どうぞ1号」と遊んでいたら、相棒は遠く離れたところで、ねこじゃらしと一人戯れていた。
試しに、ねこじゃらしを持って近づき、振って見せたら飛びついてきた。

ちょろいやつ…。

すごく嫌そうだったけれど、ちょっとは体に触らせてもくれた。
小さい…。
「どうぞ1号」の兄弟ではなく、子供みたい。
帰ろうとすると、チョコチョコ後を追って来るし、そばを自転車が通ると怖がって足にピタッとへばりついてくる。

かわいい~。

ブランド品は欲しくないけれど、どうぞ1号と相棒は、うちの子にしたいなぁ。
欲しくなっちゃった…。

連れて帰ったら、今いる猫や夫は怒るでしょうか?
スポンサーサイト



  1. 2004/07/01(木) 23:30:00|
  2. がん再発?|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)